アカネによるゲーム『DISSIDIA FINALFANTASY - オペラオムニア』の攻略サイト
  1. 攻略情報
  2. 173 view

ティナの性能まとめ

Last updated: 2018/11/30

ティナ(FFⅥ)の強さや使い方についてまとめます。

覚醒緑クリスタル(MAX:70)
武器種片手剣/魔法

付与可能なバフ・デバフ

  • 自身の強化
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 味方の強化
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  1. 攻撃力アップ
  2. 最大BRVアップ
  3. 素早さアップ
  • 敵の弱体
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  1. 防御力ダウン
  2. 素早さダウン

パッシブによる強化

アーティファクトによる強化の効果量は最大値(「〜★★」を3つ装備した際の数値)を記載しています。
(初:初期BRV、最:最大BRV、攻:攻撃力、防:防御力、早:素早さ)

パッシブ名/対象
トランス-
バフアタックスピード--80%-10%
バフベースブースト40%40%---
破壊と力の輝き---
BRVガードアップ(AF)---30%-
トランスアップ(AF)15%15%15%15%-

アビリティ

以下は、武器やエクステンドなどの関連パッシブで強化した状態の情報になります。

メルトン(詠唱)(6回)

はじめから使用可能。行動負荷が低い

  • 自身に4ACTION「攻撃力アップ」を付与
    30%アップ
  • 自身に5ACTION「最大BRVアップ」を付与
    中アップ
  • 自身にBRV加算
    攻撃力の75%
  • 自身のBRVを1.5倍にする
  • 「メルトン+」を発動
  • 「魔導」を5加算
    上限9。1以上あると、BRVリジェネの効果

メルトン+

「メルトン(詠唱)」使用後に必ず追加発動する

  • 自身のBRVを1.2倍にする
  • 単体に魔法BRV攻撃 x 1
    奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(+20%まで)
  • 単体にHP攻撃
  • 対象に3ACTION「防御力ダウン」を付与
    小ダウン

魔導メルトン(詠唱)

「魔導」が5以上ある時、「メルトン(詠唱)」が変化する。行動負荷が低い

  • 自身に4ACTION「攻撃力アップ」を付与
    30%アップ
  • 自身に5ACTION「最大BRVアップ」を付与
    中アップ
  • 自身にBRV加算
    攻撃力の75%
  • 自身のBRVを1.5倍にする
  • 「魔導メルトン+」を発動
  • 「魔導」を4消費
    上限9。1以上あると、BRVリジェネの効果

魔導メルトン+

「魔導メルトン(詠唱)」使用後に必ず追加発動する

  • 自身のBRVを1.2倍にする
  • 単体に魔法BRV攻撃 x 2
    奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(+20%まで)
  • 単体にHP攻撃
    ターゲット以外にもダメージを与える(BRVの50%)
  • 対象に3ACTION「防御力ダウン」を付与
    小ダウン

メテオ(詠唱)(6回)

覚醒20で習得する。行動負荷が低い

  • 自身に4ACTION「攻撃力アップ」を付与
    30%アップ
  • 自身に5ACTION「素早さアップ」を付与
    小アップ
  • 自身にBRV加算
    攻撃力の50%
  • 自身のBRVを1.5倍にする
  • 「メテオ+」を発動
  • 「魔導」を5加算
    上限9。1以上あると、BRVリジェネの効果

メテオ+

「メテオ(詠唱)」使用後に必ず追加発動する

  • 単体に魔法BRV攻撃 x 15
    奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(+20%まで)
  • 単体にHP攻撃
  • 対象に3ACTION「素早さダウン」を付与
    小ダウン

魔導メテオ(詠唱)(6回)

「魔導」が5以上ある時、「メテオ(詠唱)」が変化する。行動負荷が低い

  • 自身に4ACTION「攻撃力アップ」を付与
    30%アップ
  • 自身に5ACTION「素早さアップ」を付与
    小アップ
  • 自身にBRV加算
    攻撃力の50%
  • 自身のBRVを1.5倍にする
  • 「魔導メテオ+」を発動
  • 「魔導」を4消費
    上限9。1以上あると、BRVリジェネの効果

魔導メテオ+

「魔導メテオ(詠唱)」使用後に必ず追加発動する

  • 全体に魔法BRV攻撃 15回ずつ
    奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(+80%まで)
    攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ中アップ
  • 単体にHP攻撃
  • 対象に3ACTION「素早さダウン」を付与
    小ダウン

BRV攻撃+

「魔導」が1以上ある時、通常の「BRV攻撃」が変化する

  • 単体に魔法BRV攻撃 x 2
  • 「魔導」を3加算
    上限9。1以上あると、BRVリジェネの効果

HP攻撃+

「魔導」が1以上ある時、通常の「HP攻撃」が変化する

  • 単体に魔法BRV攻撃 x 1
    奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(+20%まで)
  • 単体にHP攻撃
  • 「魔導」を3加算
    上限9。1以上あると、BRVリジェネの効果

ライオットソード

EX武器「オーガニクス」が必要(リキャスト:ややおそい)

  • 単体に魔法BRV攻撃 x 3
    自身の最大HPに対して現在HPが少ない程威力がアップする
  • 単体にHP攻撃
  • 自身に5ACTION「最大BRVアップ」を付与
    大アップ

セット魔導ブースト(1回)

覚醒65で習得するアディショナルアビリティ
(※アビリティの説明に『「魔導」1以上でBRVリジェネの効果』と書かれていますが、これは「魔導」の効果の説明であって、「セット魔導ブースト」を習得および装備・使用することによってもともと「魔導」にあるBRVリジェネの効果が上昇することはありません)

  • 「魔導」を3加算
    上限9。1以上あると、BRVリジェネの効果
  • 4ACTION 自身の最大BRVを極小アップ
覚醒70自身の最大BRVアップの効果小アップ
ブルームストーン使用回数+1
「魔導」加算量+2

習得可能パッシブ

覚醒20、55、60、65、70でのアビリティ習得および強化に関する内容は上の項目にまとめているので、ここでは省略します。
(「〇〇チャージ」による使用回数増加は各アビリティの説明に反映されています)

クリスタル覚醒で習得

LVパッシブ名詳細
5クリティカルパワー自身がクリティカルヒットで与えるBRVダメージを小アップ
10メルトンライト「メルトン(詠唱)」の行動負荷を小ダウン
15キルBRVゲイン敵を戦闘不能にした時、自身のBRVを小アップ
25メルトンBRVゲイン「メルトン(詠唱)」「魔導メルトン(詠唱)」使用後、自身のBRVを小アップ
30メテオパワー「メテオ+」「魔導メテオ+」の与えるBRVダメージを小アップ
35メルトンチャージ「メルトン(詠唱)」の使用回数+1
40ブレイクボーナスアップ自身が敵をブレイクした時、自身に入るブレイクボーナスを小アップ
45メテオチャージ「メテオ(詠唱)」の使用回数+1
50トランス最終バトル開始時にHPがMAXならば、初期BRV・最大BRV・攻撃力・防御力を小アップ
54バフアタックスピード自身に強化効果が付与されている時、自身の攻撃力と素早さアップ
58バフベースブースト自身に強化効果が付与されている時、自身の初期BRVと最大BRVをアップ
68破壊と力の輝き自身の最大BRVと攻撃力を小アップ

アーティファクトで習得

パッシブ名末尾の「★」および「★★」を省略し、「★」の効果量を最小値、「★★」の効果量を最大値として記載しています。
下記の他にHP・初期BRV・最大BRV・攻撃力・防御力を強化可能です(全キャラクター共通)

パッシブ名詳細
メルトンBRVゲイン「メルトン(詠唱)」「魔導メルトン(詠唱)」使用後、自身のBRVを初期BRVの5〜10%アップ
メテオパワー「メテオ+」「魔導メテオ+」の与えるBRVダメージを5〜10%アップ
BRVガードアップ自身のBRVが最大BRVの50%以上の時、自身の防御力を5〜10%アップ
トランスアップ最終バトル開始時にHPがMAXの時、初期BRV・最大BRV・攻撃力・防御力を2〜5%アップ

育成のヒント

ティナはBRVを貯めるのが得意なので、溢れないように最大BRVを強化してあげると良いでしょう。攻撃力も高いに越したことはないですが、受け皿がなければ意味がありません。
パッシブ「トランス」も魅力的です。ストーリーの高難度クエストでは発動が難しい時もありますが、最近の共闘イベントは1ラウンドしかないことがほとんどなので、簡単に発動させることができます。

ティナの場合、「◯◯BRVゲイン」の発動タイミングがHP攻撃の前なので、アビリティ使用後にBRVを回復することはできません。気を付けましょう。

おすすめアーティファクト

  1. トランスアップ
    ほとんどの能力の底上げができます。
  2. 最大BRV+330
    BRV加算と攻撃能力は十分なので、BRVが溢れにくくした方がダメージが出やすいと思います。
  3. 攻撃力+108
    両アビリティのBRV加算量が上がります。「メテオパワー」だと「メテオ+」のBRV攻撃威力しか上がらないので、どちらかだったら攻撃力を強化した方が影響が大きいです。
  4. メテオパワー
    「メテオ+」の火力が上がります。
  5. 〇〇BRVゲイン
    両アビリティともゲインのタイミングがHP攻撃前なので行動後にBRVを残すことはできませんが、与えるダメージをちょっぴり増やすことができます。

各種パラメータの影響について

攻撃力

両アビリティのBRV加算量に影響します。
あまり大きい数値ではないのですが、攻撃力を強化すると通常BRV攻撃の威力アップ、メルトンの威力アップ、メテオの威力アップ、EXアビリティの威力アップと、いろいろ上がってお得ですね。

  • アーティファクトでの強化
    108 x 3 = 324
  • パッシブ「トランス」発動
    覚醒50の「トランス」によるパラメータ増加量は10%
    アーティファクト「トランスアップ★★」を3つ揃えると、合計で25%アップできる
    324 x (1.10〜1.25) = (356〜405)
  • 「メルトン(詠唱)」のBRV加算
    攻撃力の97.5%を加算してから1.5倍にアップ
    (356〜405) x 0.975 x 1.5 = (520〜592)
  • 「メルトン+」のBRV加算
    1.2倍にアップ
    (520〜592) x 1.2 = (624〜710)
  • 「メテオ(詠唱)」のBRV加算
    攻撃力の65%を加算してから1.5倍にアップ
    (356〜405) x 0.65 x 1.5 = (347〜394)

初期BRV

パッシブ「〇〇BRVゲイン」を利用する場合は強化しておくと良いパラメータですが、それくらいしか影響しない(しかも大した数値にならない)ので頑張って上げる必要はないと思います。

  • アーティファクトでの強化
    170 x 3 = 510
  • パッシブ「BRVベースアップ」発動
    初期BRVが40%増加
    510 x 1.40 = 714
  • パッシブ「トランス」発動
    覚醒50の「トランス」によるパラメータ増加量は10%
    アーティファクト「トランスアップ★★」を3つ揃えると、合計で25%アップできる
    714 x (1.10〜1.25) = (785〜892)
  • パッシブ「メルトンBRVゲイン」のBRV加算
    覚醒25で覚えるものが20%加算。アーティファクトを合わせると最大50%加算になる
    (785〜892) x (0.20〜0.50) = (157〜446)
  • 「メルトン+」のBRV加算
    1.2倍にアップ
    (157〜446) x 1.2 = (188〜535)
  • パッシブ「メテオBRVゲイン」のBRV加算
    アーティファクトでのみ習得可能。最大30%加算になる
    (785〜892) x 0.30 = (235〜267)

編成のヒント

アビリティが2つともHP攻撃なので、シールドで守ったり、BRV配布ができる仲間と編成することで自由に動かすことができます。
自分は強化できても仲間に影響を及ぼす能力のないティナは、サポート面で他のキャラの利になることはありません。

基本的な立ち回り

できるだけ早く「メルトン(詠唱)」を使用して最大BRVを上げましょう。先にメテオを使用するとBRVが溢れてしまいがちです。

ティナは足が速いため順番がどんどん回ってきます。アビリティの使いすぎに注意しましょう。BRVを配ってくれる仲間と編成しているなら素早さの上がるパッシブは外しておくのも手です。

まとめ

BRV倍増でダメージを稼げるティナは相手を選ばず活躍できます。魔法に耐性があっても、他に強い物理アタッカーがいなければ候補に入れてみましょう。
HP攻撃後にブレイクされないように注意しつつ、なるべくアビリティの無駄撃ちがないように気を付けて戦いましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP