アカネによるゲーム『DISSIDIA FINALFANTASY - オペラオムニア』の情報サイト
  1. 攻略情報
  2. 372 view

レムの性能まとめ

Last updated: 2020/04/18

レム(零式)の強さや使い方についてまとめます。

覚醒緑クリスタル(MAX:80)
武器
BTLD
NT★4
防具
★7★4
攻撃属性魔法
スフィア
C
(回復・分配)
C
(回復・分配)
D
(味方強化)
(全キャラ持っている武器・防具は省略しました)




付与可能なバフ・デバフ

  • 自身の強化
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 味方の強化
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  1. 最大BRVアップ
  2. 素早さアップ
  3. 献身の心

    味方全員に、攻撃力40%アップ+HPリジェネの効果

  4. アスピル

    付与中はアビリティを使っても残り回数が減らない

  • 敵の弱体
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6

    パッシブによる強化

    アーティファクトによる強化の効果量は最大値(「〜★★」を3つ装備した際の数値)を記載しています。
    (初:初期BRV、最:最大BRV、攻:攻撃力、防:防御力、早:素早さ)

    パッシブ名/対象
    バフアタックアップ----
    HPアタックオール----
    BRVアタックアップ(AF)--15%--
    ブレイクスピードアップ(AF)----30%
    破壊と力の共鳴---

    アビリティ

    以下は、武器やエクステンドなどの関連パッシブで強化した状態の情報になります。

    第1アビリティ (6回)

    ケアル

    はじめから使用可能

    • 味方単体のHPを回復
      回復量は対象の最大HPに依存
    • 味方単体のHPを回復
      回復量は攻撃力に依存
    • 味方単体にBRV加算
      最大BRVの50%
    • 自身に10ACTION「献身の心」を付与
      味方全員に、攻撃力40%アップ+HPリジェネの効果
    第2アビリティ (8回)

    ターンコンバート

    覚醒20で習得する
    行動負荷が低く、総ACTION数に加算されない

    • 自身と対象にBRV加算
      攻撃力依存
    • 自身と対象に8ACTION「最大BRVアップ」を付与
    • 自身と対象に8ACTION「素早さアップ」を付与
      小アップ
    • 通常の「HP攻撃」が「HP攻撃+」に変化(5ACTION)
    通常コマンド・その他

    HP攻撃+

    「ターンコンバート」使用後に通常の「HP攻撃」が変化する。5ACTION経過で元に戻る

    • 単体にHP攻撃
    • 自身以外の味方全体にBRV加算
      与えたダメージ依存
    EX関連アビリティ

    アスピルフィールド

    習得にはEX武器「いやしのダガー」が必要(リキャスト:ややはやい)
    行動負荷が低い

    • 全体に魔法BRV攻撃 2回ずつ
    • 全体にHP攻撃(等倍)
      与えるダメージは分配されない(例:BRVが100あったら敵が何体いても100ずつのダメージ)
    • 味方全体のHPを回復
      回復量は与えたダメージに依存。回復上限は対象の最大HPの20%
      最大HPを超えて回復した場合は、超過分がBRVに加算される
    • 自身に1ACTION「アスピル」を付与
      付与中はアビリティを使っても残り回数が減らない
    • 自身に5ACTION「攻撃力アップ」の効果
    真化関連アビリティ

    アスピルフィールド【真化】

    +50%

    習得にはEX武器「いやしのダガー」が必要(リキャスト:ややはやい)
    行動負荷が低い

    • 味方全体にBRV加算
      最大BRVの30%
    • 全体に魔法BRV攻撃 4回ずつ
    • 全体にHP攻撃(等倍)
      与えるダメージは分配されない(例:BRVが100あったら敵が何体いても100ずつのダメージ)
    • 味方全体のHPを回復
      回復量は与えたダメージに依存。回復上限は対象の最大HPの20%
      最大HPを超えて回復した場合は、超過分がBRVに加算される
    • 自身に1ACTION「アスピル」を付与
      付与中はアビリティを使っても残り回数が減らない
    • 自身に5ACTION「攻撃力アップ」の効果

    真化による性能の変化詳細

    真化上限突破率+20%
    限界突破・BRV攻撃が4HITに変化し、威力極大アップ
    ・装備中、最大BRVと攻撃力が20%アップ
    ・BRV攻撃前に味方全員にBRV加算(最大BRVの30%)
    ・上限突破率+30%

    得られるボーナススフィア

    C
    デンジャーHPリジェネロング
    条件敵の攻撃によってHPが50%未満になった時
    効果条件達成後6ACTION:最大HP5%分のHPリジェネの効果
    (同一スフィアの効果は重複しない)

    ボーナススフィア一覧

    アディショナルアビリティ (1回)

    BRVコンバートオール

    覚醒65で習得するアディショナルアビリティ
    この行動には負荷がなく、総ACTION数に加算されない

    • 味方全体にBRV加算
      自身のHPの50%
    覚醒705ACTION 味方全体の上限突破率小アップの効果追加
    ブルームストーン使用回数+1
    BRV加算量+50%
    コールアビリティ

    ケアル【C】

    覚醒75で習得するコールアビリティ
    この行動には負荷がなく、総ACTION数に加算されない

    • 自身に「最大BRV極大アップ」の効果
    • 味方全体のHPを回復
      小回復
    • 味方全体にBRV加算
      最大BRV依存
    • 特殊効果が3ACTION発動
      味方全員に「攻撃力20%アップ」の効果

    覚醒80でランクアップ

    • HP回復量が小アップ
    • BRV加算量が小アップ
    • 特殊効果の付与期間が3ACTION増加

    習得可能パッシブ

    覚醒20、55、60、65、70でのアビリティ習得および強化に関する内容は上の項目にまとめているので、ここでは省略します。
    (「〇〇チャージ」による使用回数増加は各アビリティの説明に反映されています)

    クリスタル覚醒で習得

    LVパッシブ名詳細
    5ケアルBRVゲイン「ケアル」使用後、自身のBRVを小アップ
    10クリティカルBRVゲインクリティカルヒットでBRVダメージを与えた時、自身のBRVを小アップ
    15ケアルチャージ「ケアル」の使用回数+1
    25ターンコンバートBRVゲイン「ターンコンバート」使用後、自身のBRVを小アップ
    30ターンコンバートライト「ターンコンバート」の行動負荷を小ダウン
    35ケアルライト「ケアル」の行動負荷を小ダウン
    40レシーブヒールアップ自身が受けるHP回復効果を小アップ
    45ターンコンバートチャージ「ターンコンバート」の使用回数+1
    50朱雀の慈愛最大HPを超えてHPが回復した時、超えたHPの50%を味方全員のHPに分配。回復量の上限は対象の最大HPの10%
    54バフアタックアップ自身に強化効果が付与されている時、自身の攻撃力をアップ
    58HPアタックオール自身のHPが最大HPの50%以上の時、味方全員の攻撃力がアップ
    68破壊と力の共鳴味方全員の最大BRVと攻撃力を小アップ
    78フルHPアタックオール【C】自身のHPがMAXの時にコールアビリティを使用すると、6ACTION 味方全員の攻撃力が極小アップ
    (→ 条件に合うコールアビリティを探す

    アーティファクトで習得

    パッシブ名末尾の「★」および「★★」を省略し、「★」の効果量を最小値、「★★」の効果量を最大値として記載しています。
    下記の他にHP・初期BRV・最大BRV・攻撃力・防御力を強化可能です(全キャラクター共通)

    パッシブ名詳細
    ケアルBRVゲイン「ケアル」使用後、自身のBRVを初期BRVの5〜10%アップ
    ターンコンバートBRVゲイン「ターンコンバート」使用後、自身のBRVを初期BRVの5〜10%アップ
    BRVアタックアップ自身のBRVが最大BRVの50%以上の時、自身の攻撃力を2〜5%アップ
    ブレイクスピードアップ敵をブレイクした時、1ACTION自身の素早さを5〜10%アップ

    当サイトを閲覧いただきありがとうございます。
    参考にしたいので、ご意見・ご要望をお聞かせください(・ω・)ノ

    → 好きなキャラの追加予定が知りたい方は最新情報断章予定をチェック!
    → 下のフォームは一方通行なので、ご質問はお問い合わせフォームにお願いします。


    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    PAGE TOP