アカネによるゲーム『DISSIDIA FINALFANTASY - オペラオムニア』の情報サイト
  1. 攻略情報
  2. 392 view

ライオンの性能まとめ

Last updated: 2019/10/18

ライオン(FFⅪ)の強さや使い方についてまとめます。

データ更新日: 2021/01/15
覚醒白クリスタル(MAX:70)
武器
BTLD
NT★4
防具
★7★7真化★4
攻撃属性近距離遠距離魔法
スフィア
A
(自己強化)
D
(味方強化)
E
(敵弱体)
(全キャラ持っている武器・防具は省略しました)




付与可能なバフ・デバフ

  • 自身の強化
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 味方の強化
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  1. 攻撃力アップ
  2. 最大BRVアップ
  3. クリティカル率アップ
  4. まどわす

    攻撃力30%アップ+上限突破率30%アップ+クリティカルで与えるBRVダメージ50%アップ+与えるHPダメージ20%アップ
    付与中は敵の狙いとは無関係に常に「狙われていない」状態になり、「不意打ち/パウダーケッグ(かくれる)」が常に使用可能になる
    攻撃後に追加攻撃が発動するようになる

  • 敵の弱体
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  1. 防御力ダウン
  2. 最大BRVダウン
  3. 行動負荷アップ

パッシブによる強化

アーティファクトによる強化の効果量は最大値(「〜★★」を3つ装備した際の数値)を記載しています。
(初:初期BRV、最:最大BRV、攻:攻撃力、防:防御力、早:素早さ)

パッシブ名/対象
ブレイクスピードアップ----
BRVアタックアップ----
バフベースブーストアップ40%80%---
バフアタックスピードアップ--80%-60%
勇気と力の輝き---
BRVガードアップ(AF)---30%-
BRVスピードアップ(AF)----15%
バフアタックブーストアップ(AF)-60%60%--
パウダーケッグチャージ&ブースト(AF)-30%---

使い方ざっくりまとめ

純アタッカーです。敵の強化効果を解除することができます。
LDを所持していない場合は、敵に狙われている時に火力が下がるので、「ターゲット固定」を敵に付与する仲間と編成すれば多少安定します。
近距離・遠距離・魔法と多彩な攻撃手段を持っているため、どれかひとつでも耐性を持つ相手にはダメージを与えにくいですが、味方にエンチャントできる仲間を編成して敵の弱点を突けば問題ないです。

第1&第2アビLDを持たず「まどわす」を付与できない場合は、基本的に「不意打ち」を使用して両アビリティを変化させてからどちらかを打つ、という繰り返しになります。
単体相手なら上限突破率が高い「不意打ち(かくれる)」、複数相手なら飛散ダメージを与える「パウダーケッグ(かくれる)」、と使い分けると良いでしょう。
EX技自分か味方の順番の次に使用しないと、最後のHP攻撃が発生しません。敵の行動の直後に使用しないようにしましょう。
敵が厄介な強化効果を付与してくるようなら解除目的で使ってもOKです。
BRV攻撃(かくれる)使用すると次の行動順を指定した味方の直後にできます。EX技を放つ直前に使用すると良いでしょう(「まどわす」付与中なら追加攻撃が発生してHPダメージを与えられます)
味方と回り込み合えば、長時間敵に行動させないことが可能です。
LD技「まどわす」を維持するために使用しましょう。自動では付与されません。
コール狙われていない時に使用すると必ず命中し威力もアップします。
特殊効果の効果対象はコールしたキャラクターのみです。アタッカーに装備すると良いでしょう。

アビリティ詳細

以下は、武器やエクステンドなどの関連パッシブで強化した状態の情報になります。

習得可能パッシブ

覚醒20、55、60、65、70でのアビリティ習得および強化に関する内容は上の項目にまとめているので、ここでは省略します。
(「〇〇チャージ」による使用回数増加は各アビリティの説明に反映されています)

クリスタル覚醒で習得

LVパッシブ名詳細
5クリティカルパワー自身がクリティカルヒットで与えるBRVダメージを小アップ
10不意打ちチャージ「不意打ち」の使用回数+1
15ブレイクスピードアップ敵をブレイクした時、1ACTION 素早さが小アップ
25パウダーケッグチャージ「パウダーケッグ」の使用回数+1
30BRVアタックアップ自身のBRVが最大BRVの50%以上の時、自身の攻撃力がアップ
35不意打ちパワー「不意打ち」が与えるBRVダメージが小アップ
40スニークアタック自身を狙っていないターゲットを攻撃した時、与えるBRVダメージを極小アップ
45パウダーケッグパワー「パウダーケッグ」が与えるBRVダメージが小アップ
50スニーククリティカル自身を狙っていないターゲットを攻撃した時、通常「BRV攻撃」「BRV攻撃+」がクリティカルになる
54バフベースブーストアップ自身に強化効果が付与されている時、自身の初期BRVと最大BRVをアップ
58バフアタックスピードアップ自身に強化効果が付与されている時、自身の攻撃力と素早さアップ
68勇気と力の輝き自身の初期BRVと攻撃力を小アップ
78クリティカルアタックアップ【C】BRV攻撃を含むコールアビリティでクリティカルを発生させると、6ACTION 自身の攻撃力が小アップ
(→ 条件に合うコールアビリティを探す

アーティファクトで習得

パッシブ名末尾の「★」および「★★」を省略し、「★」の効果量を最小値、「★★」の効果量を最大値として記載しています。
下記の他にHP・初期BRV・最大BRV・攻撃力・防御力を強化可能です(全キャラクター共通)

パッシブ名詳細
不意打ちパワー「不意打ち」が与えるBRVダメージが5〜10%アップ
パウダーケッグパワー「パウダーケッグ」の与えるBRVダメージを5〜10%アップ
BRVガードアップ自身のBRVが最大BRVの50%以上の時、自身の防御力を5〜10%アップ
BRVスピードアップ自身のBRVが最大BRVの50%以上の時、自身の素早さを2〜5%アップ
バフアタックブーストアップ自身に強化効果が付与されている時、自身の最大BRV20%アップと攻撃力20%アップ
パウダーケッグチャージ&ブースト「パウダーケッグ」の使用回数+1し、自身の最大BRVを10%アップ

    当サイトを閲覧いただきありがとうございます。
    参考にしたいので、ご意見・ご要望をお聞かせください(・ω・)ノ

    → 好きなキャラの追加予定が知りたい方は最新情報断章予定をチェック!
    → 下のフォームは一方通行なので、ご質問はお問い合わせフォームにお願いします。


    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    PAGE TOP