アカネによるゲーム『DISSIDIA FINALFANTASY - オペラオムニア』の攻略サイト
  1. 攻略情報
  2. 8 view

クルルの性能まとめ

クルル(FFⅤ)の強さや使い方についてまとめます。

覚醒青クリスタル(MAX:60)
武器種杖/魔法
武器
EX専用相性幻獣NT星4
防具
専用2専用1星4

付与可能なバフ・デバフ

  • 自身の強化
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 味方の強化
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  1. 属性弱点ダメージアップ
  2. 攻撃力アップ
  3. 初期BRVアップ
  4. 最大BRVアップ
  • 敵の弱体
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6

    パッシブによる強化

    現在、アーティファクトのパッシブは掲載していません。
    (初:初期BRV、最:最大BRV、攻:攻撃力、防:防御力、早:素早さ)

    パッシブ名/対象
    BRVスピードアップ----
    バフアタック----
    マスタースピードアップ----
    ブレイクスピード----
    死なないで!---
    バフブースト----
    マスターベースアップ----

    アビリティ

    以下は、武器やエクステンドなどの関連パッシブで強化した状態の情報になります。

    希望の光(1回)

    はじめから使用可能。行動負荷が低い

    • 味方全体にBRV加算
      初期BRVの170%
    • 味方全体に6ACTION「属性弱点ダメージアップ」を付与
    • 自身に6ACTION「攻撃力アップ」を付与
      中アップ
    • 1回使用でマスターし「希望の光+」に変化

    希望の光(4回)

    「希望の光」が変化したもの。元には戻らない。行動負荷が低い

    • 味方全体にBRV加算
      初期BRVの200%
    • 味方全体に6ACTION「属性弱点ダメージアップ」を付与
    • 自身に6ACTION「攻撃力アップ」を付与
      中アップ

    サンダーver.V(1回)

    覚醒20で習得する

    • 単体に雷属性の魔法BRV攻撃 x 1
    • 自身に3ACTION「初期BRVアップ」を付与
      小アップ
    • 1回使用でマスターし「サンダーver.V+」に変化

    サンダーver.V+(7回)

    「サンダーver.V」が変化したもの。元には戻らない

    • 単体に雷属性の魔法BRV攻撃 x 1
      威力アップ
    • 自身に6ACTION「初期BRVアップ」を付与
      小アップ
    • 自身に6ACTION「最大BRVアップ」を付与
      中アップ

    BRV攻撃+

    「サンダーver.V」をマスターすると通常の「BRV攻撃」が変化する。元には戻らない

    • 単体に雷属性の魔法BRV攻撃 x 1

    習得可能パッシブ

    覚醒20、55、60、65、70でのアビリティ習得および強化に関する内容は上の項目にまとめているので、ここでは省略します。
    (「〇〇チャージ」による使用回数増加は各アビリティの説明に反映されています)

    クリスタル覚醒で習得

    LVパッシブ名詳細
    5BRVスピードアップ自身のBRVが最大BRVの50%以上の時、自身の素早さがアップ
    10バフアタック自身に強化効果が付与されている時、自身の攻撃力をアップ
    15マスタースピードアップアビリティをマスターした時、自身の素早さをアップ
    25サンダーver.Vライト「サンダーver.V」の行動負荷を小ダウン
    30対抗心自身のBRVが初期値以上で対象のBRVが自身の2倍以上の時、通常「BRV攻撃」がクリティカルになる
    ※通常「BRV攻撃」が変化したアビリティも含む
    35サンダーver.Vチャージ「サンダーver.V」の使用回数+1
    40希望の光ライト「希望の光」の行動負荷を小ダウン
    45ブレイクスピード敵をブレイクした時、1ACTION自身の素早さが小アップ
    50死なないで!初期BRV未満の味方がいる時、自身の素早さと初期BRVが小アップ
    54バフブースト自身に強化効果が付与されている時、自身の最大BRVをアップ
    58マスターベースアップアビリティをマスターした時、自身の初期BRVをアップ

    関連記事

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    PAGE TOP